クラウドサービス事業者向けターンキー型大規模ネットワークの自動化

プログラミング無しで大規模クラウドネットワークを自動化

ケーススタディを読む

SMB、エンタープライズ、公共にクラウドサービスを提供する際には、物理網と仮想網基盤の中に最大のリスクと遅延要素があります。開発期間、リスク、コストは抑えながら多様なカスタマ要件を満たすためにカスタマイズしたクラウドサービスを提供するには、オープンスタック、SDN、インテント型ネットワーキング(IBN)を適切なハードウエアプラットフォームと統合化しなければなりません。

アプストラのクラウドプロバイダーソリューションを利用すれば、規模の大小を問わず、いずれのクラウド事業者もそのデータセンターネットワークをAWS、マイクロソフトアジュール、グーグルクラウドプラットフォームのように自動化することができます。しかもハードウエアベンダーロックインの心配もなく、プログラミングも不要です。

詳細はウェビナー「ウェブスケールのデータセンターネットワークの時間もコストも削減したヤフー!ジャパン」をご参照ください。

Learn more in our webinar “Yahoo! Japan Reduces Time and Cost For Web-scale Data Center Networks.

クラウドサービス事業者利用例

AWS、マイクロソフトアジュール、グーグルクラウドプラットフォームで検証済の内蔵ベストプラクティスを利用したクラウドデータセンターネットワークの構築と運用

アプストラOS(AOS)を利用すれば、そこで提供される参照設計ブループリントや最大級のクラウド企業が導入した実績のあるベストプラクティスを活用し、プログラミング無しで、従来、ネットワークハードウエアベンダーの選定から運用開始まで数か月かかっていたデータセンターのリーフ・スパイン型ネットワークを数日で構築することができます。

クラウドデータセンターネットワーク管理プレーンを大規模にかつ自信と確信をもって自動化

アプストラOS(AOS)は、その多くがマネージメントプレーンで発生しているヒューマンエラーを大幅に削減もしくは排除することができます。それはAOSがBGPルートと言った上位からインターフェースやトランシーバーと言った下位のレイヤーまで何百万というネットワーク要素間の関係や相互依存性をリアルタイムでトラッキングしているからです。トラフィック不均衡や一過性障害といったシステムレベルでのネットワーク運用状態を検索すれば、その検索条件を変えるたびに、都度、検索結果を返してくれます。

ネットワークのマルチテナンシーを数分で変更

アプストラOS(AOS)では、EVPN、VXLAN、BGPを使って、ネットワークのマルチ手ナンシーを迅速に作成、変更、削除、検証することができます。その際、IPサブネットやVLAN/VXLANレベルでの複雑な設定変更や故障切り分け手順は不要です。テナントやセキュリティゾーンレベルでのセグメンテーションゴールをAOSに伝えるだけで、AOSはセキュリティーゾーンのような上位からオーバーラップするIPやVTEP IDのような下位のレイヤーまで自動的にそのゴールを翻訳してくれるとともに、逸脱があった場合はアラートを出します。

詳細はこちら

使用事例:

サービスプロバイダスケールアウトNFVのための自律ネットワークライフサイクル運用

利用例の入手
ビデオ:

TelecomTV Mansour Karamへのインタビュー:自己運用ネットワークへの進化

ビデオ

「アプストラは有益か」の視聴

デモのご依頼

お問い合わせ

アプストラのセールスチームへのお問い合わせ

セールスに連絡