アプストラのインテント型データセンターオートメーション

大幅な信頼性、シンプル性、俊敏性の向上と経費削減

AOSの概要

アプストラOS(AOS)はデータセンターのリーフ・スパイン型ネットワークサービスのライフサイクルを自動化するターンキーアプリケーションです。AOSは既存のスイッチハードウエアベンダー(シスコ、ジュニパー、アリスタ、メラノックス)やスイッチOS(NX-OS、JUNOS、EOS、Cumulus)と互換性がありのみならず、Cumulusやオープンオルタナティブ(マイクロソフトSONiC、Dell EMCオープンスイッチOPX)等のスイッチOSを搭載したブライトボックス(Dell EMC)やホワイトボックスとも互換性があります。AOSによってネットワーク、多数のパーツで構成された複雑なシステムとしてではなく、一つのシステムとして自動化することが可能となります。すなわちAOSのおかげでネットワークの設計、構築、運用を物理的(アンダーレイ)や仮想的(オーバーレイ)ネットワーク基盤から完全に分離することができるため、ユーザーは自由にハードウエアやスイッチOSを選択することが可能になります。

AOSはグリーンフィールドやグリーンパッチと呼ばれる新規の環境でも、ブラウンフィールドと呼ばれる環境でも、マルチベンダーに対応した近代的データセンターで展開できます。AOSはマネージメントプレーンで動作し、公開されているオープンAPIを介してデバイスやスイッチOSを制御します。

AOS for Data Center Leaf-Spine Network Architecture

AOSは、クローズループ型検証やリアルタイムで連続な検証を提供するターンキー型の高度なパイプラインデータ分析など、自動化システムの中でもユニークでパワフルな機能を提供いたします。AOSを利用することで、MLAGやECMPを介してBGPからEVPNまで、そして下位はケーブル配線まで、ウェブスケールの構築案件で得た業界のベストプラクティスを活用してありとあらゆるネットワーク要素をシームレスに担保します。つまり、ネットワークポリシーを変更したり、ネットワークの運用状態が変化した場合も、AOSによって全要素が継続的にリアルタイムで保証されるというわけです。

利用例

ネットワーク設計の自動化

AOSDCはターンキー型の設計自動化ツールです。例えば、オーバーサブスクリプションの目標値や冗長性要件(例MLAGやECMP)、セグメンテーション要件(EVPN)といったいくつかのシンプルな設定をするだけで、ベンダー中立のBGP-EVPNトポロジー図を描いてくれます。あとはユーザがそれを確認、承認するだけですので、数秒でできあがります。

ベンダー中立な設計の自動化

業界のベストプラクティスを反映させたリーフ・スパイン型ネットワークを数分で自信をもって設計することができます。

Vendor-Agnostic Design Tools

高度マルチベンダーEVPNの設計、コンフィギュレーション設定、運用

検証済みのASN,VRF、VNI等を活用し、数秒でセキュリティゾーンの作成、変更、削除が可能

EVPN

VXLANオーバーレイ

物理網や仮想網を一つのシステムとして設計‐構築‐運用

VXLAN Overlay

ネットワーク増設自動化

AOSDCはターンキー型の設計自動化ツールです。例えば、オーバーサブスクリプションの目標値や冗長性要件(例MLAGやECMP)、セグメンテーション要件(EVPN)といったいくつかのシンプルな設定をするだけで、ベンダー中立のBGP-EVPNトポロジー図を描いてくれます。あとはユーザがそれを確認、承認するだけですので、数秒でできあがります。

ベンダー固有のハードウエアの詳細を抽象化

ブランドベンダーやホワイトボックスベンダーに拘わらず、数分でリーフ・スパインを作成、交換、削除

Intent-Based Analytics

物理的、仮想的検証

物理的、仮想的な要素の両方を連続的に検証

Physical and Logical Validation

運用分析:インテント型アナリティクス(IBA)

IBAは生のテレメトリデータから自動的にアクションにつながる知見や豊かなコンテキストを導出してくれますので、リアルタイムでかつインタラクティブにネットワークの運用状態についてクエリすることができます。

クローズループ型テレメトリ

クローズループ型テレメトリで意図を連続的に確認

Closed-Loop Telemetry

インテント型アナリティクス(IBA)

豊かなコンテキストやアクションにつながる知見を生のテレメトリデータから数分で抽出。

カスタムテレメトリプローブを数秒で展開。

Intent-Based Analytics

サービスダッシュボード

ネットワーク全体を共通管理画面で管理

Physical and Logical Validation

システムヘルスビュー

インテントからの逸脱とサービスへの影響を迅速に加速化

Network System Health Views

コンフィグ検証

設定したコンフィグからの逸脱を瞬時に検知

Config Validation

Request a Demo

アーキテクチャ

インテント型ネットワークテクノロジー

ネットワークをクラウドカンパニーのように構築運用

アプストラはシステムレベルのネットワークインテントを装置ごとの詳細に変換してくれますので、ネットワーク管理者は、「このエンドポイントをこちらのセキュリティーゾーン移動させる」や「これらのリンク間の不均等なトラフィックを見つける」等の上位ゴールを宣言するだけで、リアルタイムに最適化されたコンフィギュレーションがネットワークに展開され、またそこからもっとも関連性の高い知見が抽出されます。この機能はベンダーを選びません。そしてアプストラを使えば、IT部門はコードを書かずとも基盤をコードとして扱い、障害をピンポイントで検知、解消することができるようになります。

Fully Automated Network

分散型システムアーキテクチャ

データセンターエステートや唯一の真実を可視化

アプストラを使うことで、例えば、BGPやEVP論理的要素からIPアドレスやVXLAN IDまで、また仮想スイッチや仮想マシンと言った仮想的要素、もしくは冗長リンクやトランシーバーといった物理的要素など、何百万とあるデータセンターエレメントの関係や相互依存関係を可視化することができます。アプストラを使うことで、ベンダー固有のハードウエア詳細に拘わらず瞬時に障害をピンポイントで検出し、問題解決することができるのです。

ベンダー中立なオーバーレイ:

基盤に連動した運用者、プロセス、ツールを解放
運用ライフサイクルをハードウエアのライフサイクルと密接に連携させるハードウエアベースの管理ソフトと異なり、アプストラは、どのベンダーのハードウエアであっても、運用や管理手順をその下位にあるハードウエアのライフサイクル(デイ0設計からデイX運用まで)から完全分離しています。

AOSの効果

Learn How AOS Automates Data Center Network Operations

アプストラを利用したインテント型データセンターの自動化