インテント型ネットワーキング

“IBNは、ビジネスルールやネットワーク運用状態が常に変化している状態において、ネットワーク基盤のシンプルさ、俊敏性、信頼性の向上を実現しなければなりません。”

Sasha Ratkovic
Apstraの創設者兼CTO

Sasha Ratkovic explains Intent-Based Networking

インテント型ネットワーキングの分類モデル

自動運用、自動修復型ネットワークの導入を検討している企業にとって、IBNは魅力的なソリューションです。IBNに関わるノイズを掻き分け、洗練されたソリューションを見極める際、このネットワーク基盤の自動化のレベル一覧表を用いてIBNソリューションとその完成度が確認できます。各項目をクリックすれば詳細情報がご覧いただけます。

Request a Demo
Intent-Based Analytics Taxonomy Model

これら4つの分類を深堀するとともに、サーシャ・ラトコヴィックの 「インテント型ネットワーキングの分類」 と題されたブログもご参照ください。

インテント型ネットワーキング関連の重要参考情報

詳細情報とウェビナーの視聴

Intent-Based Networking: What SDN Was Meant To Be
Intent-based networking

アプストラがインテント型ネットワーキングのスタンダードに。

ネットワーキング業界は、インテント型ネットワーキング(IBN)こそネットワーキング基盤における次の大きな技術だと誰もが同意するだろうと考えていました。ところが、いざIBNを定義しようとすると意見が分かれたのです。そこにインテント型ネットワーキングのパイオニアであるアプストラが先頭に立って、この新技術の意味を明確化したのです。

詳細情報:アプストラのCTOがIBNを解説

インテント型ネットワーキング対「インテント型ネットワーキング」

The Dirty Truth about Intent-Washing

「「インテント型イニシアチブやプロダクトを多くの会社が発表しています。けれどもそれらはIBNという用語や関連概念を使って既存製品を語っているだけであり、インテント(意図)を元に一から設計されたものではありません。

「インテントウォッシングの不都合な事実」